タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?

公開日:2023/08/30 最終更新日:2023/09/22
タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?

観光業界への活気が戻りつつある中、タクシー利用者も増加しています。タクシー運転手の職に興味はあるけれど、必要な資格が何か分からないという方もいるでしょう。この記事では、タクシー運転手になるためにはどのような資格が必要なのかを紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

必要な資格その1:第二種運転免許

タクシー運転手を目指す際には、第二種運転免許が必須です。

しかし、第二種運転免許を獲得するためには一定の受験資格が求められ、その取得条件を満たす必要があります。この章では、第二種運転免許に関する具体的な要件について詳しく解説しましょう。

第二種運転免許

第二種運転免許は、旅客自動車を使用して旅客を運送する業務に従事する場合に必要とされる免許です。この免許は法律によって定められ、お客さんを乗せて対価を得る営業運転には第一種運転免許に加え、第二種運転免許も必要です。

第二種運転免許の受験資格

第二種運転免許を取得するためには、一定の受験資格が必要です。まず、受験者は19歳以上であり、かつ第一種運転免許を取得してから1年以上の経験が必要になります。

また、視力も一定水準を満たす必要があり、片目の視力は0.5以上、両眼の視力は0.8以上が求められます。2022年5月からは第二種運転免許の取得要件が緩和されましたが、依然として第一種運転免許と比べて視力基準は厳格です。

第二種運転免許の種類

第二種運転免許には複数の種類が存在し、タクシードライバーには特定の種類が必要です。

一方で、バスドライバーは中型免許または大型免許が必要となり、より高度な資格が求められます。これにより、大型免許を取得したバスドライバーは特別な追加資格なしでタクシードライバーに転身できるのです。

試験内容

第二種運転免許試験は、マークシート方式で行われ、全95問が出題されます。文章問題は1問あたり1点、イラスト問題は1問あたり2点となり、合計100点満点です。

試験に合格するためには90点以上の得点が必要であり、第一種運転免許取得の試験よりも高い難易度が求められます。これは、安全な運転の確保と人命の保護が重要なため、高い基準が設けられているからです。

必要な資格その2:地理試験

タクシー運転手として活動するためには、第二種運転免許だけでなく、所在地によっては地理試験も受験する必要があります。

的確で安全な運転によってお客さんを目的地まで送り届けるという使命を果たすために、地理試験はより厳しいテストとなっているのが特徴です。タクシー運転手にとって必要不可欠な地理試験について、以下で詳しく説明いたします。

地理試験について

タクシー運転手になるには、もちろん第二種運転免許を取得する必要がありますが、それに加えて地理試験も必要です。地理試験は、運転の安全性や利用者の便益を確保するための試験であり、東京都や神奈川県、大阪府など一部の地域で必要とされています。

目的地までお客さんを確実に案内し、送り届けるためには、営業エリア内の道路や交差点の名称をはじめとする多岐にわたる情報を熟知しておくことが求められます。このため、最短経路や渋滞回避の道筋を記憶しておくことが必要です。

地理試験の内容

地理試験は基本問題25問と応用問題25問の計50問から成り立っています。試験の内容としては、地図上の主要幹線道路や施設の位置を特定する問題や駅と周辺地域の関係性について問われる問題が出題されるのです。

また、交通法規に関する問題も含まれ、交通事故の発生や予防についての知識を問われることがあります。地理試験の合格は、運転手としての知識や地理的な洞察力を証明する重要な一歩といえるでしょう。

タクシー運転手に必要なのは資格だけではない

タクシー運転手としての道を歩むためには、免許証の取得だけでなく、ほかにも大切な要素が存在します。お客さんへの気配りを常に心がける視点から、免許証以外にも必要な接客スキルについて紹介しましょう。

コミュニケーションは適切に

後部座席に乗車するお客さんを常に気にかけるタクシー運転手は、しゃべり過ぎることとしゃべらなさ過ぎることに注意を払う必要があります。乗客の中には静かに過ごしたい方もいれば、会話を楽しむ方もいるでしょう。

適切なタイミングでコミュニケーションをとるかどうかは、長年の接客経験によるものです。

快適な空間づくりに気を配る

タクシー運転手の仕事は接客だけでなく、車内の環境づくりも大切です。車内の空調やにおいにも気を配りましょう。車内のにおいはお客さんの第一印象を左右する重要な要素です。

消臭スプレーを常備することで、車内環境を快適に保つことができます。また、女性のお客さんは寒さを感じやすい傾向があるため、適切な温度設定に注意が必要です。

地理的な知識の習得

タクシー利用者はビジネス関連だけでなく、観光目的で利用する場合もあります。おすすめのレストランや観光スポットについての質問をされることもあるでしょう。

自身の休憩時間を利用して、地元の美味しいお店や観光名所を知る努力をすることで、お客さんに対して多彩な情報提供ができます。地理的な知識を深めることで、自信をもって地域情報を伝えることが可能です。

まとめ

本記事では、タクシー運転手になるために必要な資格について解説しました。タクシー運転手は初めは地理的な知識に乏しいかもしれませんが、適切な資格取得を通じて、さまざまなお客さんとの接触をとおして地域の情報を習得していく過程があることがわかりました。資格だけでなく経験を通じて、地理に関する専門知識を身に着け、満足度の高いサービスを提供できるよう努めることが求められます。

ライフスタイルに合わせ自由に働ける!おすすめのタクシー会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社は地域密着で80年の実績がある会社です。自社無線とDIDI・GOの2社の配車アプリを使用し、一人一人の乗務員の営業効率の上昇、給与アップが望めます。

また、「日勤」「夜勤」「隔勤」の3パターンから自由に選べるシフト制で、ライフスタイルに合わせて柔軟に休みをとることができるのも強みです。

   

【おすすめ】
横浜のタクシー会社7選比較表

イメージ
会社名メトロ自動車株式会社平和交通株式会社三和交通株式会社神奈川都市交通株式会社大栄交通株式会社飛鳥交通神奈川株式会社五光交通株式会社
特徴80年以上の信頼の実績!ライフスタイルに合わせ自由に働ける!未経験でも安心!月給保証制度や個室社員寮完備!5年以上毎年増収!期待のタクシー会社神奈川県内に専用のりばあり!創業100周年の安定感!生活と両立できる!未経験でも安心な研修制度!最大規模の営業所数!首都圏最大規模のタクシー会社保障給が最大2年!高収入を目指せるサポート!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら