タクシー運転手に必要な地理試験とは?合格率や試験対策など解説

公開日:2023/09/15
タクシー運転手に必要な地理試験とは?合格率や試験対策など解説

タクシードライバーには高度な地理知識が求められます。都会の迷路のような道路をスムーズに走行するためには、その地域の地理に精通していることが必須です。実は、タクシー運転手を目指す者たちは、厳しい地理試験を突破しなければなりません。地理試験とは、一体どのような内容なのか、詳しく紹介します。

地理試験とは?概要や合格率について

タクシードライバーを目指す際のステップとして、地理試験の存在は避けて通れないものです。しかし、試験の内容や受験の流れ、合格率など、具体的な情報を知らない方も多いでしょう。そこで、今回は地理試験に関する情報を詳しく解説します。

地理試験について

地理試験は、タクシードライバーが業務を行う都市や地域の詳細な地理情報に関する知識を試すものです。具体的には東京の23区や三鷹市、武蔵野市、大阪、そして神奈川の一部地域での運転時に必要とされる情報が問われます。

試験制度は、特定の地域でのタクシードライバーとして活動する多くの人が他地方出身者であることを背景に、サービス向上と安全運転の確保を目的として導入されました。

試験の具体的な内容について

試験時間は60分と設定されており、この間に40問の問題に答える必要があります。32問以上の正解が合格基準となっています。また、試験結果は受験した当日に発表されるので、結果を待つストレスが少ないのが特徴です。受験料として6,800円が必要です。

合格率について

具体的な数字が公に公表されているわけではありませんが、一般的に初回受験者の合格率は約50%程度と言われています。ただし、試験は週に3回開催されているため、再試験の機会も多く、多くの受験者が何度かの挑戦を経て合格しているようです。

とくに、地方出身者が都会の土地勘に不安を感じるかもしれませんが、試験問題の性質上、土地勘の有無が大きく影響することはないと考えられます。

地理試験ではどんな問題が出るのか

地理試験の問題構成は、初めての方にとって難しいかもしれませんが、適切な対策をすれば、ほとんどの受験者が一回で合格する可能性が高まります。一般的に、試験は東京が難しいとされていますが、地域ごとの試験内容の違いも理解することが大切です。

地理試験は知識の深度と、地図を用いた実務的なスキルが要求されるテストとなっています。ここで、それぞれの問題タイプとそれに関連する情報を紹介します。

○×問題(25問)

試験者は地理的な事実やランドマークの位置に関する情報が正しいか否かを判断します。試験者の地域に関する基本的な知識を確認するものです。事実に基づいた情報の正確さを試すため、実務での運転中に顧客からの情報を速やかに理解し、正確な場所へのアクセスを実現する能力が評価されます。

選択肢式問題(5問)

与えられた選択肢から、正しい答えを選ぶ形式です。通常、交差点や特定の道路に関する問題が中心となります。試験者の地域の詳細な地理的知識と、複数の選択肢からの迅速な判断力を評価します。実際の運転中に最適なルートを選ぶ能力が必要とされるため、このセクションのスキルは非常に実践的です。

地図からの施設等の位置選択問題(10問)

提供される地図上から、特定の施設やランドマークの位置を特定する問題です。地図を読む能力と地域内の主要なランドマークに対する知識の両方を評価します。実際の運転中、迅速かつ正確に目的地に到達するために、地図を効果的に利用するスキルが必要とされます。

地理試験の対策法と覚え方

タクシー運転手としての地理試験に合格するための最良の方法は、暗記を中心にエリアの主要幹線道路、交差点名、そしてランドマークをしっかりと覚えることです。以下、そのための効果的な準備法を紹介します。

暗記が重要

地理試験の最も重要なことは暗記です。ただ知識を蓄えるだけではなく、効率よく活用する必要があります。

具体的には、エリア内の主要幹線道路、交差点名、そしてホテルや病院、神社などのランドマークを暗記することが求められます。暗記方法として語呂合わせを使うのも一つの方法です。また、直接その場所を訪れて目で確認することで、より深く記憶に定着させることも対策の1つです。

問題集を有効活用

暗記が一段落したら、次は問題集を活用しましょう。過去の問題集を繰り返し解くことで、知識をアウトプットの形で定着させることが可能です。各タクシーセンターで販売されている問題集は、合格に向けた大切なツールと言えるでしょう。

地図を理解する

試験には、暗記だけでは解答できない問題も出題されることがあります。そのため、地図を深く理解し、それを基にした応用問題にも対応できるように準備することが必要です。

まとめ

タクシードライバーを志す者にとって地理試験は必須のステップとなっています。試験は、特定の都市や地域の詳細な地理情報を試すもので、サービス向上と安全運転の確保を目的としています。

試験は60分間で、40問の問題に答える形式です。合格基準は32問以上の正解であり、受験料は6,800円です。初回受験者の合格率は約50%とされていますが、多くの人は何度かの挑戦を経て合格しています。

問題は、○×問題や選択肢式問題、さらに地図からの施設等の位置選択問題からの出題です。特に地図に関する問題では、地図を読むスキルとランドマークの知識が試されます。合格に向けての対策としては、暗記が中心となります。エリアの主要道路、交差点名、ランドマークをしっかり覚えることが必要です。

ライフスタイルに合わせ自由に働ける!おすすめのタクシー会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社は地域密着で80年の実績がある会社です。自社無線とDIDI・GOの2社の配車アプリを使用し、一人一人の乗務員の営業効率の上昇、給与アップが望めます。

また、「日勤」「夜勤」「隔勤」の3パターンから自由に選べるシフト制で、ライフスタイルに合わせて柔軟に休みをとることができるのも強みです。

   

【おすすめ】
横浜のタクシー会社7選比較表

イメージ
会社名メトロ自動車株式会社平和交通株式会社三和交通株式会社神奈川都市交通株式会社大栄交通株式会社飛鳥交通神奈川株式会社五光交通株式会社
特徴80年以上の信頼の実績!ライフスタイルに合わせ自由に働ける!未経験でも安心!月給保証制度や個室社員寮完備!5年以上毎年増収!期待のタクシー会社神奈川県内に専用のりばあり!創業100周年の安定感!生活と両立できる!未経験でも安心な研修制度!最大規模の営業所数!首都圏最大規模のタクシー会社保障給が最大2年!高収入を目指せるサポート!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら