タクシー運転手の月収はどのくらい?

公開日:2023/10/15
タクシー運転手の月収はどのくらい?

タクシードライバーの給与は意外と知らない方が多いと思います。タクシードライバーの収入は、どれくらいなのでしょうか。また、その給与はどのようにして決まるのか、そして業界全体はどのような動向にあるのか。本記事では、タクシードライバーの平均給与から、給与が変動するポイント、業界の最新トレンドに至るまで、詳しく紹介します。

タクシードライバーの平均給与

日本のタクシー運転手の平均年収は375万円となっており、全体的な平均給与よりも低めに位置しています。2023年8月の求人ボックス上のデータによれば、タクシードライバーの月給は平均で31万円となっています。

業界における正社員の平均年収は375万円とやや低い水準にありますが、正社員の年収の大部分は379万円から437万円の間に集中。給与の幅としては、全体では262万円から729万円と非常に広がりがあります。

さらに、地域差も大きく、近畿地方の兵庫県では年収455万円と高い一方で、静岡県は267万円と国内で最も給与が低い地域の一つとなっています。主要な地域での給与データを見ると、北海道・東北は年収322万円、関東は年収366万円、中部・北陸は年収332万円、近畿は年収418万円、中国・四国は年収333万円、九州・沖縄は年収354万円です。

タクシードライバーの給与が変動するポイント

タクシードライバーの給与はいくらなのか、そしてその給与はどのようにして決まるのか。一般的なサラリーマンと比べても、タクシードライバーの給与は完全歩合制であり、年収は大きく変動する可能性があります。

体力と工夫が重要

若いドライバーは一般的に稼ぎたいという意欲が強く、また体力的な面も考慮すると長時間の運転が可能です。このため、客を乗せるチャンスが増え、給与もそれに比例して上がります。さらに、新しい客待ちスポットの開拓や、積極的な接客を通じてリピート客を増やすなどの努力が収入アップにつながります。

会社選びのポイントと違い

タクシー会社にも大小様々な会社があります。大手企業には法人の固定客が多く、長距離の移動が多いタクシーチケットの利用客も増えるため、収入アップのチャンスが増えます。ただし、大手は規則が厳しいため、働き方の自由度はやや低くなることも。中小企業ではその逆の傾向があります。

そして、売上に対する給与の割合も会社や地域によって異なるため、就職や転職を考える際の重要なポイントとなります。

最も稼ぐための勤務体系

タクシードライバーの勤務体系は主に3つあり、そのなかで最も収入を上げやすいのは、日中と夜を通して働く格勤です。とくに夜間は料金が割増になるため、同じ距離を走行しても高収入を得やすいです。終電を逃した客など、夜間にタクシーを利用する客も多いため、稼ぎやすい時間帯と言えます。

ただし、長時間の運転は体に負担がかかるため、健康を第一に考えた勤務スタイルを選ぶことも大切です。

歩合制の特徴と給与体系の選び方

タクシードライバーの多くは歩合制の給与体系を採用しています。この制度の特徴は、売上に応じて給与が決まるため、日々の努力が直接給与に反映される点です。他にも固定給制や基本給に歩合が足されるなど、会社や地域によって異なる給与体系が存在します。

タクシーで成功できる?タクシー業界の動向

2022年、タクシー業界は人手不足が深刻化する一方、新たな需要が浮上してきました。特にアプリ配車の利便性やコロナ禍による公共交通への懸念から、タクシーへのニーズは増加しています。背景と未来の可能性について、詳しく見ていきましょう。

コロナの時代のタクシー業界への影響

コロナ禍が世界中の多くの産業に深刻な影響を及ぼしてきましたが、タクシー業界も例外ではありません。人手不足の問題は長く続いてきましたが、この期間はとくにその影響を強く受けました。

しかし、逆境のなかで新たな需要が生まれ、タクシー業界の再生のきっかけとなっています。コロナ以後、様々な変動がありながらも、タクシードライバーの収入は回復の兆しを見せています。一部の優れたドライバーは高収入を実現しており、これは業界の健康な回復を示す良い指標と言えるでしょう。

公共交通機関への不安から、タクシーは新しい移動手段としての地位を築いています。個別の移動空間としてのタクシーは、感染リスクを低減する選択肢として多くの人々に選ばれています。

業界の高齢化問題と新卒採用の取り組み

タクシー業界は、長らく中高年のドライバーが中心であったため、新しい人材の流入が求められていました。新卒採用の積極的な取り組みは、業界の活性化と新しい風をもたらす可能性があります。

アプリ配車の拡大

配車アプリの導入は、タクシー業界に革命をもたらしています。ドライバーは、より多くの顧客を獲得でき、とくに都市部外での配車ニーズの増加により、新しい収益源を得られるようになっています。

まとめ

タクシードライバーの平均給与は、2023年8月のデータに基づくと月給31万円、年収375万円です。タクシーの給与は歩合制が主流で、努力次第で収入は大きく変動します。また、会社の選び方も重要で、大手と中小の企業では働き方や給与体系に違いが見られます。

2022年以降、タクシー業界はアプリ配車の普及やコロナ禍による公共交通への懸念から新たな需要が創出されました。コロナによる影響は深刻でしたが、これを機に新しい顧客層を獲得し、業界は再生の動きを見せています。高収入を実現しているドライバーも増加し、タクシーは安全な移動手段として注目されています。

業界はこれまで高齢化が進んでいたが、新卒採用を積極的に行うことで新しい風が吹き込まれてきており、アプリ配車の拡大も新たな収益源です。

ライフスタイルに合わせ自由に働ける!おすすめのタクシー会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社

メトロ自動車株式会社は地域密着で80年の実績がある会社です。自社無線とDIDI・GOの2社の配車アプリを使用し、一人一人の乗務員の営業効率の上昇、給与アップが望めます。

また、「日勤」「夜勤」「隔勤」の3パターンから自由に選べるシフト制で、ライフスタイルに合わせて柔軟に休みをとることができるのも強みです。

   

【おすすめ】
横浜のタクシー会社7選比較表

イメージ
会社名メトロ自動車株式会社平和交通株式会社三和交通株式会社神奈川都市交通株式会社大栄交通株式会社飛鳥交通神奈川株式会社五光交通株式会社
特徴80年以上の信頼の実績!ライフスタイルに合わせ自由に働ける!未経験でも安心!月給保証制度や個室社員寮完備!5年以上毎年増収!期待のタクシー会社神奈川県内に専用のりばあり!創業100周年の安定感!生活と両立できる!未経験でも安心な研修制度!最大規模の営業所数!首都圏最大規模のタクシー会社保障給が最大2年!高収入を目指せるサポート!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら